胃の痛みを解消させるツボ押し方法

af9920045496w (1)

胃の痛みというのは健康な人にも身近に起こりうることで、暴飲暴食や日常の過度なストレスが要因となることが珍しくありません。
もしもの時に内服薬を常備している人も多いことでしょう。それ以外に手頃にできて、しかも即効性があると言えばツボ押しでしょう。もともとツボ押しとは東洋医学の理念であり各臓器に適したツボがあります。先程の不調を和らげるツボは背中と腹部に集中しており、腹部ではみぞおちから最後の肋骨にそって骨との境目です。背中では肩甲骨辺りから最後の肋骨にかけての背骨の両脇の窪みにあります。いずれも消化器系の不調にとても良く効きます。全部を押す必要はなく押して特に違和感がある場所やコリコリとしたしこりのようなものがある場所を押せばいいのです。決まった知識が必要ではなく直接触ってここだと思う場所を探してみて下さい。

 

また、ズキズキが特にひどい場合は無理をして指圧せず、両腕にある手の三里や曲池や合谷、両脚にある足の三里や三陰交、梁丘と言った消化器官に関係のあるツボを指圧することをお勧めします。

 

これらのツボは症状が出た時だけでなく日常的に指圧をする事でもともとの体質を改善する他、思わぬ不調の改善にも役立ちます。東洋医学独特な考えである全身のツボは繋がり合っていると言う事です。特に病院に行くまでもない未病と言われる不調にはツボ押しで確実に効果が得られるでしょう。