長生きするために必要ながんの予防対策

xf0635075764w

日本の死因の第一位は癌であり、これを予防していくことは長生きにつながるものだと思われます。

 

癌の原因は基本的に生活習慣によるものとされており過度の飲酒、喫煙、暴飲暴食などが発がんリスクを高めていると考えられていて毎日の生活で少しずつ気を付けていればそのリスクを下げることができます。具体的にいえば適度な運動、野菜中心の食事、喫煙を控える、規則正しい生活です。

 

まず、適度な運動ですが、体重を適正な値に保つという意味合いがあります。肥満は癌のリスクを高めるだけでなく様々な病気の原因となるので他の病気を予防するということを含めても大切です。さらに適度な運動はストレスを軽減させ、血流を良くし体温が上がります。ストレスや少し高めの体温は人間の免疫系を活性化させ、がん予防となります。野菜中心の食事ですが、野菜には多くのビタミンや食物繊維が含まれており、抗癌作用があります喫煙は昔から発がんリスクについて疑われてきており、今までの実験からも肺がんのリスクにおいて有意なデータが出ています。よって煙草を控えることはがん予防になると言えるでしょう。

 

規則正しい生活ですが、睡眠時間が少なかったり、昼夜逆転のような生活をしているとホルモンバランスが崩れ癌になるリスクが高まります。毎日の生活を少しずつ変えていくのが予防になっているのです。