飲酒量に注意して二日酔いを予防

af9900100138w

お酒は人間関係を円滑にするコミュニケーションツールの1つであるといえるでしょう。ビジネスでも歓迎会・送迎会・接待等、多くのシーンで、お酒は必要不可欠となるものです。しかし、お酒は飲み過ぎてしまうと二日酔いになってしまったり、周りの人に迷惑をかけてしまうこともあるので、十分注意が必要です。こちらでは、二日酔い予防の1つとして、お酒の許容量について解説していきます。

 

まず、二日酔いは飲むお酒の量に気をつけることで予防になります。二日酔いが起こる主な原因は、アセトアルドヒドという毒性の物質が体内で分解されないで残ってしまうことです。しかし、これは自分のお酒の許容量を把握しておけば二日酔い予防に繋がります。

 

つまり、お酒の二日酔いや悪酔いをする理由は、お酒の量に比例していると言えます。目安ですが、だいたい「体重(㎏)×15×飲み始めてからの時間(h)÷お酒のエタノール度数(%)×0.8」が飲んでも平気な量だと言われています。ですから、自分のお酒の許容量を知り、その範囲内でお酒を楽しめば二日酔い・悪酔いをする心配がありません。

 

二日酔いしやすい人は、まずお酒を飲む前にこの量を意識しておきましょう。二日酔いに効くサプリメントもありますので、あらかじめ飲んでおくのもいいかもしれません。ただしまずは飲む量に注意することですよ!