美肌のためにとりたいおすすめ成分

Woman cooking

美肌のためのケアというと美容液やフェイスパックなど、外側からのお手入れをイメージしがち。ですが、内側からのケアも欠かしてはいけません。それぞれケアすることで相乗効果が期待できます。

 

皮膚や粘膜を健康的に保つために欠かせないのがビタミンA。肌の基礎体力を上げてくれるので、肌のかさつきやしわに悩んでいる方は積極的に摂るといいでしょう。ほうれん草にはビタミンAが豊富に含まれています。油と一緒に摂ることで吸収率が高まるので、おひたしではなく炒めて食べるようにしてみてください。ソテーやグラタン、スープなどにすればたっぷりと摂れるでしょう。

 

肌とエネルギー代謝のビタミンといわれているのがビタミンB2。脂肪の代謝や細胞の再生をサポートして元気な身体に導いてくれるだけではなく、なめらかな肌やはつらつとした健康美を守ってくれます。ビタミンB2を豊富に含んでいるのがはちみつ。はちみつに含まれる成分は加熱をすると45℃くらいから変化し、65℃以上になると壊れてしまうので生のまま摂取するのがおすすめ。もし生はちみつが苦手なのであれば、純粋はちみつが含まれている栄養食品などで摂るといいでしょう。こちらの通販サイトなどで販売されているロイヤルハニーが特におすすめです。

 

美肌に欠かせない栄養素として有名なのがビタミンC。しみ、そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあるといわれています。ビタミンCが含まれている食材はいろいろありますが、中でもすごいのがパプリカ。ピーマンの2倍以上のビタミンCが含まれており、その量は加熱しても減りません。ラタトゥイユやグリルサラダなどで彩りを楽しみながら摂りましょう。ちなみに、ビタミンCは1度にたくさん摂っても吸収されずに排出されてしまうのでこまめに摂るのが大事です。

 

いきいきとした美肌をキープしたいならたんぱく質も忘れてはいけません。ダイエットをしているとどうしてもたんぱく質が不足しがちですが、それだといくら痩せてもカサカサお肌になってしまいます。バランスよくしっかりと摂りましょう。おすすめなのは高たんぱくで低カロリーな豆類。大豆が原料の納豆や豆腐、豆乳などで手軽に取り入れられます。忙しいときには豆乳スープなどでササっとチャージしましょう。

 

少し意識を変えて食材を選ぶだけでお肌にもいい効果が出てくるはずです。毎日おいしく食事を楽しみながら、お肌のコンディションも整えていくといいのではないでしょうか。